本文へスキップ

過払い金なら「司法書士とやま市民事務所」へ、払い終えた業者の場合、基本報酬0円!〜富山

電話は0120-987-501

トップページ >> 過払い金返還請求に関係する判例 >> 平成21年1月22日最高裁判例

平成21年1月22日 最高裁第一小法廷判例

消滅時効の起算点は取引の終了した時から進行する

過払い金も債権ですので、あまりにも長い期間行使しなければ時効によって消滅してしまいます。
その時効となる期間は10年間と昭和55年の判例で出ていたのですが、いつの時点から10年間なのかが問題となっていました。
平成21年1月22日の判例で継続的な金銭消費貸借取引の場合には、取引が継続している間(つまり借入れと返済を繰り返している間、残元金の残っている間)は、過払い金が時効消滅することはなく、取引が終了した時点から消滅時効の期間計算が開始すると判断されました。

※参考[民法166条1項]・・・消滅時効は、権利を行使することができる時から進行する。

判例全文 .pdf(最高裁のホームページです)

バナースペース

相談無料

メールフォームへ



とやま市民事務所のサイトへ

富山で過払い金返還請求

〒939-2251
富山県富山市下大久保3260番地
(司法書士とやま市民事務所内)

TEL 076-467-5525
→アクセス

事務所の周辺地図

※富山インターチェンジから
 飛騨高山方面へ車で9分

※駐車場完備

代表ブログへ

スマホ用はこちらへ